利用法

自分の不動産を所有している人は多くいます。
持ち家などの不動産の場合、活用していなければ徐々にその不動産価値は落ちていくことになります。
しかし、中には同じ不動産でもその価値を増やすことのできる不動産があります。
その中の一つに収益物件というものがあります。
どういったものなのか説明していきます。

●収益物件
この収益物件を保有していればその不動産の価値に応じて、何もしなくても収益がはいります。
こういった物件は現在多くの人が所有していますが、その価値はバラバラと言えます。
普通の物件同様にその不動産とその価値は年々落ちていくのが一般的な考え方です。そうならないケースとしては、その年数をカバーできるだけの付加価値を得ることができる物件に限られてくるのです。

●買取
こういった収益物件を活用しきれていない場合、その物件を売ることが可能です。
現在では収益物件を専門に買取している会社が複数存在しているのです。こういった会社に買取を依頼する場合、以下のケースがあります。

・ケース
①・・急遽現金が必要になったので早く売りたい。
②・・活用状況がローン返済に間に合っていない。
③・・築年数が経ちすぎており、リフォームしたいがその費用をまかなうことができない。
④・・競売によりすでに買取は決定しているが、少しでも高く売って債務をなくしたい。

以上のようなケースを上げることができる。

OUT LINK